めがねおばさんの日常

子育ては終わった!さてこれからどうしようか?

めがねおばさんの日常

アラフィフからの資産運用
ブログ運営
下肢静脈瘤
ホットクック

No.37 ホクロを取ったことがあります。痛い?周りの反応は?気になるあれこれ

スポンサーリンク

f:id:mini2015:20200722220118j:plain

他の人があまりしていないこと、何かないかな?と考えていて思い出しました。

7~8年前、鼻にあった大きなほくろを2つレーザーで除去しました。 そんなに珍しいことでもありませんが、そのきっかけやどのように行ったかを記憶を掘り起こしながら書いてみようと思います。

コンプレックス

当時、鼻に大きなほくろが2つありました。 若い頃は盛り上がってなかったほくろが、子どもを産んだ頃からどんどん盛り上がってきて、娘が小学生になった頃、娘の友達に「○○さんと同じところにほくろがある〜」と無邪気に言われました。 ○○さんは知らないけど、やっぱりこのほくろ目立つんだな、とちょっと落ち込みました。

遺伝?

実は、母のトレードマークも鼻の大きなほくろでした。 子どもである私たち姉妹はもちろん、母の弟妹たちにもそのことはよく言われていました。 今思うと母も嫌だったろうな。 そんな母を見て育った私でしたが、娘が物心つくときにはすっかり鼻に大きめのほくろがある人になってしまったのです。

友人のほくろ

大学時代、やはり小鼻の脇に盛り上がったほくろがある友人がいました。 美人でしたが、そのほくろのせいで少し垢抜けない感じもありました。 ところが、卒業して何年後かに再開したら、そのほくろはなくなっていました。 やはりほくろが無いと全然垢抜けて見えて、でもそのときはホクロを取るのは「美容整形」の範疇だと思ってたので、金額も相当かかったんだろうな、さすがだなと思っていました(彼女は一流企業に就職)。

ほくろを取る決心~施術まで

最初はシミ取りからだった

ほくろを取る前に、頬の耳に近い部分にあった少し大きめのシミを取りました。
たまたま近所の整形外科(形成外科ではなく、骨とか診るほうです)で美容レーザーを時間外で始めたため、通い始めた。
破格の1回3千円で、シミもついでに取ってくれるというかなり良心的な病院。
よくわかんないけど、先生が趣味でやっているの?って感じでした。
でも気になっていたシミはちゃんと消えて、それは本当に良かった。
朝早くしか行けなくて、最近は全然いけていないけど、冬になったらまた行こうかなと思っています。 なぜ冬からかというと、レーザーのあとは肌が紫外線に弱くなっているそうなので、夏場はちょっと怖いからです。

ほくろを取りそびれた

最初は同じ病院でほくろも取ってもらう予定でした。
でも予約を入れた日、寝坊しちゃったんですよね・・・
で、急いでいったのですが時間に少し遅れてしまって、受付の方に怒られて・・・行きづらくなっちゃいました。
私が悪いんですけどね。( ;∀;) まあ、もう7~8年たつし、ほとぼりも冷めたと思うのでまた行ってみようと思っています。

母が先に大きなほくろを取った

実は、母が先にほくろを取りました。
別の疾患で通っていた病院で勧められたそうです。
母の場合、ほくろが眼鏡にかかって危険ということで保険診療になったみたい。
そして、大きすぎるのでレーザーではなくメスでの切除になったようです。
取った後の周りの反応は、さぞやすごいだろう!と思ったのですが、驚いたことに誰にも何も言われなかったそう。 あんなに目立つほくろだったのに、なくなっても気づかれないものなのですね。
本当に驚きました。

リベンジ!別の行院へ

そんな母の話を聞いて、私のほくろ取りたい熱は盛り上がる一方。
そこで、別の美容クリニックへ行ってみることにしました。
1つ10,000円程度で取れるので、2つで20,000円…まあ払えない額ではありません。

電話で予約して診察

さすがにいきなり行って除去ではなく、一度診察と説明を受けます。
美容クリニックは初めてだったので、かなり緊張しました。 診察といっても、とくにほくろを見るというわけではなく、施術の説明と予約を入れるといった感じでした。 もっとちゃんと見なくて大丈夫なのかな?とちょっと不安に・・・
15年ぐらいかけてどんどん膨らんできましたからね、悪性の心配もあったわけですが、まあその後何もなかったので大丈夫だったのでしょう。 ただ、これについては美容クリニックではなく、皮膚科を併設したクリニックにするべきだったなと今となっては思っています。

ほくろ除去に適した季節は

それはずばり冬です!
理由は以下の2つ。

  • マスクをしていても不自然ではない時期

  • 紫外線が強くない時期である

マスクについては今は皮肉なことにオールシーズンOKですね。
やはりレーザーを受けた直後の肌は紫外線に弱くなっています。
しっかり紫外線対策をしていないと、再発してしまう恐れがあるとのことです。

施術当日

当時はまだ娘が小学生だったため、クリニック最寄りの駅まで母についてきてもらい、施術中面倒を見てもらっていました。
私は緊張しながらクリニックへ。
メイクはしていったのかな?忘れてしまいましたが、クリニックの控室のようなところでメイクも落とせたと思います。

施術室に入り、ベッドに横になり鼻に麻酔を打たれました。
鼻に麻酔!!これがすごい怖かったけど、痛みはそんなになかったかな? 忘れているぐらいなので、そんなでもなかったのでしょう。
実際の施術もあっという間でした。
レーザーでジーっと焼いて終わりです。
取れたほくろを見せてもらいましたが、ペラペラの皮みたいなのがあっただけでした。 さよなら、私を長年悩ませてきたほくろ・・・

施術後

施術後しばらくは、紫外線に気を付けないといけません。
病院からは茶色いテープをもらいましたが、心配だったのでネットで紫外線をカットできる透明のテープを買いました。

[rakuten:filmor:10000003:detail]

私が買ったのは普通にロール状になったテープですが、こちらは1.5cmにあらかじめカットされているようです。 こちらのが使いやすそうですね。
もしまたほくろやシミを取ることがあったらこれを購入したいと思います。

テープを貼ったうえにメイクをし、マスクをしていました。
昼休みに食事をするとき以外はずっとマスクでしたので、周りの人に気づかれることもありませんでした。

周りの反応

周りの反応は・・・やはり誰も気づかない、というか誰も言ってきません。 気づいていないのか、気づいていても言いづらいのか・・・ まあ気づいていなくても「なんか最近あか抜けた?」ぐらい思ってもらえれば嬉しいですね。 ただ、学生時代の友人の変化に私は気づきました。
彼女の場合、少しだけ跡があったからかもしれません。
でも顔のほぼ真ん中にあったほくろ、だれも気づかないってすごい不思議ですよね・・・ 人の顔って意外と見ているようで見ていないものなのかもしれません。

自分の変化

やはりほくろを取ったことで、気持ちが以前よりは前向きになりました。
やはり顔の膨らんだほくろって、いまいちあか抜けないんですよね。 立体ほくろはコンシーラーでも隠れないし本当に悩みの種でした。 顔つき自体はもちろん変わっていないのですが、20%ぐらいはあか抜けたんじゃないかな?と思っています。

娘もほくろを取りたいらしい

実は娘もほくろに悩んでいます。
本人の気にしすぎ・・・といいたいところですが、確かにちょっと数が多い。
ただ今のところ盛り上がっているほくろはないので、すぐにとる必要があるのかどうかは悩み中です。
私の勝手な思い込みかもしれませんが、私のほくろは盛り上がってはいましたが、根は浅そうな感じでした。
娘の場合は、盛り上がってはいませんが結構色が濃い目で根が深そうな感じです。
なので、もしとるとしたら美容クリニックではなく、皮膚科でしっかり診てもらってからにしようとは思っています。

まとめ

私の経験したほくろ除去についてまとめました。 ポイントは

  1. 季節は冬がおすすめ

  2. 施術後の紫外線対策に注意

  3. 意外と周りは気づかない

  4. 気持ちが明るくなる

  5. ほくろの状態が気になる方は皮膚科で一度診てもらう

  6. 美容整形という感じはあまりない、むしろ親知らずを取るぐらいの感覚

ということで、顔の目立つ部分にほくろがあってコンプレックスになっているような方は一度除去を考えてもいいのではないでしょうか? 費用もそんなに掛からないし、除去後の紫外線対策には若干気を使いますが、テープとマスクでまあしのげると思います。
「周りに何か言われそう」というのが心配になるかもしれませんが、気づく人は意外と少ないと思います。
もし気づかれても別に悪いことしているわけではないですからね、堂々としていればOKです!

そういえば、私は夫には相談しませんでした。
いまでも気づいているのか気づいていないのか・・・そういえば確認していないな。
もしかしたら気づいていないかもしれません。
今度何かの機会に聞いてみようと思います。

多くの方は今日から4連休ですね。
ふぁびこはなんと、今日から6連休です。
しかも今日明日は夫は仕事・・・娘はおりますが、オンライン授業なので一人時間がたっぷりとれます。
いろいろやりたいことがあるので楽しみです。

それでは今日も頑張りましょう!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ 

【スポンサーリンク】