めがねおばさんの日常

子育ては終わった!さてこれからどうしようか?

めがねおばさんの日常

アラフィフからの資産運用
ブログ運営
下肢静脈瘤
ホットクック

No.48 手数料なし!小銭の両替はゆうちょ銀行がおすすめな理由

スポンサーリンク

手数料なし!小銭の両替はゆうちょ銀行がおすすめな理由

あなたの家にもありませんか?

行き場をうしなったバラバラの小銭。

もしくはお財布の中でなかなか使われない小銭たち。

かつて消費税が3%になった頃、1円玉不足が問題になりました。

でも今や、1円玉どころかキャッシュレス決済の普及で現金を使う機会もほとんどなくなり、使われなくなった小銭が家の中やお財布の中で行き場をなくしています。

この記事では、そんな小銭たちを賢く貯める方法をご提案します。

こんな人におすすめの記事です

  • お財布に小銭が溜まりがちな方
  • 家に行き場をなくした小銭がある方
  • 手数料をかけずに小銭を預金化したい方

ゆうちょで小銭貯金とは?

節約系ブログをさまよっていたある日、小銭をゆうちょのATMに入金して小銭貯金する、という方法を知りました。

なんて画期的!

なぜかたまってしまった小銭・・・どのお宅にもあるのではないでしょうか? 少しずつでも使えば良いのですが、最近はPayPayなどキャッシュレス決済ばかりなので、ほとんど使う機会がありません。 たまる一方です。

唯一小銭を使いそうな自販機でさえ、キャッシュレス決済で支払うことが増えてきました

こちらの写真は金種ごとに 100枚 ずつまとめたものです。 最初は一つの袋に無造作に入っていました。

ゆうちょ de 小銭貯金の方法

両替したい小銭が100枚以下であれば、ゆうちょ銀行のATMに預け入れするのがおすすめです。

ゆうちょ銀行のATMは小銭の預け入れが可能な場合が多いので、買い物の途中などに郵便局のATMに立ち寄り、財布の中の小銭を全部、もしくは一部入金し、預け入れることができます。

銀行のATMでももちろんOKですが、小銭を扱える銀行のATMはあまり多くないように感じます。

また、コンビニのATMはゆうちょ銀行を取り扱っていても、基本小銭は受け付けてもらえないのでNG。 仕方ないことですけどね。

私は平日は仕事のため、なかなか近くの郵便局のATMには行けないので、土日でも空いている本局に行く機会があれば預けるようにしています。

ちょっと遠いのでわざわざそのためだけに行くことはないですけどね。 バス代のがかかってしまうので・・・

夫と車で出かけたときか、本当に何かのついでで近くに行くときぐらいです。

ATMでの小銭の扱いは注意が必要

先日、平日休みにちょうど用事があったのでついでに行ってきました。

行ってみてわかったのですが、基本小銭入金は1回100枚までですが、支店によって、ATMの性能の違いがあるらしく、私が行った郵便局のATMは1回20枚の制限がかけられていました。

人が並んでいる中、何度も並びなおすのは手間過ぎたのでその日は諦めました。 残念です。 お財布の中の小銭を預ける程度だったら20枚でもじゅうぶんなんですけどね。

もっと前に本局に持って行ったときは結構持って行ったつもりでしたが、さすが小銭、300円ちょっとでした。笑 コーヒー代ぐらいですね。

ゆうちょで小銭貯金をするメリットは

  • 通帳に記録が残るのでいくらたまったかわかりやすい
  • 下ろすときはまとめて引き出せるので、両替の手間がない
  • お財布が軽くなる(ふらっと郵便局ATMによれる人)

ただし、人がたくさん並んでいるときなんかはかなり迷惑になるので、すいているとき限定のワザです

やはり、毎日の買い物のついでちょっとずつが現実的かな…

お子さんへのプレゼントに

自分の口座ではなく、お子さんのゆうちょ口座に入金して、将来プレゼントするのはいかがでしょうか?

私は今回自分のに入れてしまいましたが、それも素敵だなと思いました。

お子さんが小さい時に始めれば、大きくなるころにはかなりたまるのでは?ちりも積もればです。

我が家の場合、ゆうちょの口座はバイト代受け取り用に本人に渡してしまったので、小銭は私のお小遣いです。笑

ある程度たまったら、家族でおいしいものでも食べに行こうかなと思っています。

小銭を大量に預け入れしたい

では、小銭を100枚を超えて大量に入金したい場合はどうすればいいのか?

調べたところ、場合によってはかなり手数料がかかることが判明しました。

小銭を大量に両替すると手数料がかかる?「大量硬貨取扱手数料」

ご存知でしたか?

2020年4月1日以降、大量硬貨取扱手数料というのがかかるようになりました(みずほ銀行の場合)。 調べたところ、ほとんどの銀行でおなじょうな制度が実施されているようです。

手数料の詳細はみずほ銀行の場合、以下になります。

硬貨持ち込み枚数 手数料金額(税込)
1~100枚 無料
101~500枚 550円
501~1000枚 1320円
1001枚~ 1,980円 (以降500枚ごとに660円を加算)

全部1円玉の場合、確実に損しますね。 ただしATMで入金する場合には手数料はかからないようです。 でも、硬貨を取り扱えるATMって銀行の場合、結構限られていますよね・・・

ゆうちょ銀行は大量に効果を持ち込んでも手数料はかからない?

ゆうちょ銀行ではこの「大量硬貨取扱手数料」というのは現時点ではかからないようです。

faq.jp-bank.japanpost.jp

ただし、上記ゆうちょ銀行の Q&A を見ると

お預け入れは可能ですが、お時間がかかりますので、あらかじめご来店いただくゆうちょ銀行または郵便局の貯金窓口にご連絡ください。

とあるので、もし大量に硬貨を預け入れしたいときにはあらかじめ連絡を入れる必要があるようです。

まとめ

キャッシュレス決済が広まって、現金を使う機会が本当に減ってしまいました。

高齢の両親でさえ、スマホを使って決済したりしているので、かなり広まっていると思います。

全く使わないというわけではないので、手元にもいくらか残しておく必要はありますが、置いておくだけの小銭になってしまっているのであればもったいないですよね。

すこしでも小銭をすっきりさせたいという方に、一つの方法として覚ええおいていただければ幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ 

【スポンサーリンク】