めがねおばさんの日常

子育ては終わった!さてこれからどうしようか?

めがねおばさんの日常

アラフィフからの資産運用
ブログ運営
下肢静脈瘤
ホットクック

No.36 オンライン授業で若者の骨が危ない!?過度なUVカットにも注意

スポンサーリンク

オンライン授業で骨が危ない

昨日も東京の新規感染者が200人を超えましたね。

今日からGoToキャンペーンが始まりますが、まだどこか遠くに出かける勇気はありません。 東京在住ではありませんが、地方の方から見れば東京近郊には違いないので、来てほしくもないのではないかな、と思います。

ところで、うちの娘は今年の4月から大学生になったのですが、いまだに1回しか大学に行っていません。ずっとリモート授業です。

大学生なので、授業の合間が結構あるのかな?と思いきや、そうでもなく、結構びっちり授業が詰まっていて、課題もあるので平日昼間はほぼ家にいます。 バイトや教習所にも通っていますが、夕方からが多いため、昼間外に出る機会が本当に減ってしまいました。

そんな娘を見ていて、最近ちょっと気になることがあります。

引きこもり生活で骨が危ないわけ

日光に当たっていない

昼間家にずっといる娘は、この季節にもかかわらず肌がどんどん白くなります。
高校生の頃は短いスカートだったため、常に日光にさらされていた足も、今ではすっかり白くなっています。 もともとそこまで色白ではないものの、半年前の冬より確実に白いです。

日光と骨の関係

ご存じだとは思いますが、日光に含まれる紫外線は骨を丈夫にするビタミンDを生成してくれます。
骨といえばカルシウムでしょ?と思われるかもしれませんが、ビタミンDはカルシウムを吸収するのに必要な成分です。 紫外線は日焼けやシミなど、美肌の大敵ではありますが、同時に大切なものでもあるのです。 ビタミンDは食品からとることももちろん可能ですが、日光に当たるほうが効率よく生成できるようです。

室内の明るい部屋ならOKなの?

室内の日光が入る部屋にいれば十分かと思っていたのですが、どうやらそれではだめらしいです。 ガラスって紫外線を結構カットしてしまうそうですよ!
室内よりは、外の木陰なんかで30分過ごすほうが良いらしい。

週末、散歩にでも誘ってみようかな? …嫌がられそうだけど。

昼夜逆転で一生杖の必要な体に

20代の若い女性が、コンビニで夜働き昼夜逆転の生活をしていたそうです。 さらに食事もかなりの偏食で、お菓子で賄うことも多かったよう。 日光にも当たらず、食事はお菓子・・・そんな生活をしばらく続けていたある日、躓いて転倒した瞬間、足に激痛が。 なんと少し転んだだけなのに、足の骨が折れてしまったのです。 調べたところ、彼女の骨はスカスカで老人の骨のようだったとのこと。 その後、彼女は20代にして一生杖の必要な体になってしまったとのことです。

というような事例を以前テレビ番組で見た記憶があります。 記憶だけで書いたので、細かい部分は違っているかもしれませんが、大まかにはこんな感じです。

この番組がとても衝撃的だったため、最近日光に当たっていない娘を見て心配になりました。 また、この女性は一人暮らしだったわけでもなく両親と同居でした。 それでもこういうことが起きてしまったことに衝撃でした。 うちももう大人だから(19歳は大人ですよね?)と、昼食なんかは本人に任せていますが、ちょっと心配になってきました。
「今日何食べた?」とか聞くと「ご飯と納豆だけ」なんて日が結構あるので・・・

過度な日焼け止めも危険

1年じゅう日焼け止めを使用

これは私です。 やはりこの年になると、日焼けは肌の大敵!とばかりに、常にガードしてしまいます。 また、肌が紫外線に弱くて、春先日差しが強くなってくると、露出している手の甲や足首に湿疹ができてしまいます。 痒いし、寝ている間に掻いてしまい血がにじんでいることもあるし、毎年悩みの種です。 子どものころは平気だったんですけどね。 10代後半からそんな感じでした。 若いころは汗疹だと思っていましたが、今考えると全部紫外線が原因だったのだと思います。

通勤は日傘をさして多少は肌は露出していますが、日焼け止めは塗っているのでもしかしたらビタミンD全然作れていないかもしれません。
やはり、日差しの強くない早朝などに散歩を取り入れるのが良いのかも。

職場の気になる人

先日の記事に出てきた肌はきれいだけど、蟹股になっちゃっている女性、彼女ももしかしたらビタミンD不足の可能性があります。

100day.hatenadiary.com

というのも、彼女は私以上に紫外線対策ばっちりで、1年中、黒い長袖長ズボンにつばの広い帽子を深くかぶって出勤してくるからです。
そんなに親しくもないので、アドバイスもできませんが少し心配です。

子どもたちにも影響

小中学校が休みだった時期は子どもたちも外に出る機会がだいぶ減ったのではないでしょうか?
うちの近所の子たちは、連日外で大騒ぎしていましたけどね。
でもそれでいいと思います! うちの近所の子たちは、普段30分歩いて学校まで通っています。 それがゼロになってしまうと、猛烈な運動不足です。 日光に当たる時間も極端に減るでしょう。
幸いうちの近所は若い家族が多いため、子どもたちが騒いでもクレーム入れるようなお宅はありません(多分・・・)。 毎日リモート授業の娘はさすがにちょっと気になるようですが、5~6年前までは同じ仲間でしたからね。笑   むしろ小さいかわいい子たちと触れ合いたい気持ちのが大きいかもしれません。

一時、せっかく外で遊んでいるのに外でもゲーム!なんてことが言われていたことがありますが、木陰で日光浴しながらゲームと思えば、暗い家の中でゲームするよりよほど健康的です。

食料品で補う

ビタミンDを多く含む食品

ビタミンDは野菜にはほとんど含まれていないそうです。 知りませんでした・・・ 主に、魚類やキノコ類に多いようです。 特にしいたけは干すことでビタミンDが増えるようで、干しシイタケじゃなくても普通のしいたけを使う前に天日で干すだけでもいいようです。

ビタミンKも大切

骨を丈夫にする成分として、ビタミンKも大切だそうです。 ビタミンKは主に野菜類に多いようですが、納豆にも多く含まれるようです。 納豆1パックで成人男女の接種の目安量の2倍もとれるようです、すごいですね! やっぱり納豆ってスーパーフード!!!

100day.hatenadiary.com

あと、モロヘイヤもビタミンKをかなり多く含んでいるようです。 娘、そういえばモロヘイヤも大好きです。
どっちも共通点は「ネバネバ」。 ネバネバとビタミンKに関係があるのかな???

骨を弱らせないために

実際ニュースでも警鐘が鳴らされていました。

mainichi.jp

とはいえ、私のように紫外線に当たると皮膚が荒れてしまったり、いろいろな理由で日光に積極的に当たれない人もいると思います。

日差しの弱い朝や夕方に散歩したり、ビタミンDの多く含まれた食品を意識して取り入れるなど工夫するといいかもしれませんね。 サプリメントに頼るのももちろんありです。 …が、ビタミンDは過剰摂取すると他のビタミンと違って副作用のようなことが起きることがあるようです。 その辺気を付けて、賢く取り入れたいですね。

普通に日光浴したり食品から取り入れる分にはオーバーするようなことはほぼなさそうですよ。 …それだけ食品から取り入れるのが難しい成分ではあるし、日光浴しても作りすぎるというようなことはないそうです。人間の体ってよくできていますね。

最後までお読みいただきありがとうございます

土日祝日お休みの方は、明日から連休ですね。
私も久々の連休で心が弾んでおります。 どこに行くわけでもありませんが、普段できない家事と、あとはブログのカスタマイズなんか頑張れればと思っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ 

【スポンサーリンク】